トップページ業務案内 › マグネット部門

マグネット部門

マグネット製造・販売

小型モーターマグネットのパイオニアとしてマグネット業界をリードしていきます。

1971年、日本でハードフェライトマグネットの原料メーカーからスタートして、各種のマグネット製造を行ってきました。その培った原料から製品までの様々な技術を中国広東省の工場(1997年設立)へ移管し、主に小型モーター用の乾式異方性C型フェライトマグネットを中心に、月産400トンで8,000万個の生産能力を有します。 現在は日本、中国で原料、マグネットとモーターとの環境、特性などの相互関係の研究、生産設備、金型などの自社開発を行い、これからも一段と生産の合理化、省力化を追求し、より信頼されるマグネットメーカーを基本方針とし目指して行きます。

ハードフェライト磁石とは

物体は、僅かですが磁力を持っています。地球も一つの磁石です。砂場で砂鉄を採った事を思い浮かべてください、砂に磁化された釘を入れると細かい鉄の粒が一列に整列したように並び釘の先端に付着します。この性質を活かしてハードフェライト磁石を作ります。もっと細かく見ると、この鉄粒の結晶の形は6角形の針状の細長い立法体です。その鉄粒を微細粉にし、磁界中で一方向に整列させ成型し、結晶を成長させ密度を高めるために焼結し目的の形にします。これがハードフェライト磁石の原理です。

フェライトマグネット製造工程マグネット特性一覧表

三和化工のマグネットは、主にモーター、センサー、スピーカーなどのパーツとしてあらゆる分野で私たちの生活を支えています。

自動車
GPS、カーオーディオ、各種部品など
パソコン・周辺機器
ノートパソコン、プリンタ、FAX、コピーなど
家電
携帯電話、DVDレコーダー、デジタルカメラ、エアコンなど
産業機器
ロボット、アクチュエータなど

希土類マグネット加工

安価な加工費で高付加価値の希土類磁石の製品歩留まりを高めます。

弊社日本工場は、フェライトマグネットを製造している技術を希土類マグネット加工に活かし、少量多品種から大量ロットまでの加工を多種多様な設備を使用し、研磨ガイドレール、ダイヤホイールなどの内製化により、安価な加工費で高付加価値の希土類磁石の製品歩留まりを高めます。

主な設備

ワイヤーカット機
1台
姿加工機
30台
外周刃切断機
6台
内周刃切断機
20台
センターレス研削盤
2台
ラップ研削盤
1台
両頭縦型平面研削盤
3台
両頭横型平面研削盤
5台
バーチカル平面研削盤
1台
円筒研削盤
2台
平面研削盤
5台
振動バレル機
3台