金型・超硬合金ダイヤモンドホイール部門

金型・超硬合金部品製造

資源国にある三和中国をフル活用し、高品質な製品を生み出しています。

中国は世界を代表する資源国です。最近は超硬合金の基となるタングステンの算出量が非常に多く、日本では高価な超硬合金ですが、弊社中国工場で資源を調達→設計→加工することで高いコストパフォーマンスが実現しました。その他にも様々な資源を調達することで、高品質で安価な製品をお届けすることができます。
高いコストパフォーマンスを図るため、2005年に金型部門を資源国である中国に完全移管。日本で培った高度な技術を受け継いで高品質な製品を生み出しています。

超硬合金部品や電着ダイヤモンドホイールのコストダウンを実現します。

三和中国は自社の金型製造を行っているので、中国での材料調達は容易です。そのため、日本では高価な超硬合金ですが、高品質で安価な超硬合金部品をお届けすることができます。
電着ダイヤモンドホイールもWA・GC砥石・一般砥石からダイヤモンド砥石にすることにより、ホイールの形状安定が図られ生産効率が改善されます。

粉末冶金用 上下パンチ
(SKS材に非磁性材を溶射)

粉末冶金用 外枠
(超硬合金をSUS材で焼きバメ)

セラミック材の研磨加工用ガイドレール
(超硬合金とSCM材)

セラミック材のダイヤモンド砥石
(アルミ材・特殊合金へのダイヤモンドの電着)

破砕機用 回転刃・切断刃
(超硬合金とSS材のロー付)